Windows10でVPN接続ができない(解決編)

Windwos10でVPN接続ができない!結果できたんですけどね、本当に、本当に嵌り疲れました(^_^;
これには色んな環境があるので、こうすれば解決ってのは難しいのだと思いますが、私の場合のはこうでした。

まず接続環境は、

・VPNで接続先はYAMAHAのRTX810
・L2TP/IPsec、事前共有キーとIDパスワードで接続

置かれていた状況は、

・Windows10モバイル端末の無線LAN経由で接続不可
・iPhone/Androidのスマホから接続可、有線のPCからも接続可

この画面、嫌になるほど見ましたよね。

ネットでとにかく調べてありとあらゆる事は試しましたけど、「接続試行中」でずっとぐるぐる。
試した事を優先度が高そうな順に列挙すると、

・ネットワークアダプタの設定にあるセキュリティタブの「データの暗号化」の種類と「チャレンジ ハンドシェイク…」のチェック
・レジストリの変更「AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule」の追加
・デバイスマネージャーから「WAN Miniport」系統削除
・コマンドプロンプトから「netsh …」を実行

※当記事は上の施策で解決できなかった人向けです。

次にあまりネットには出てこないけど、盲点的なところでセキュリティソフトのファイアウォールを無効にしたりしましたが、一向に改善せず。もはや諦めモードでしたが、待てよ!?
頭の中で疑いだしたのが、

・有線LANのPCでは繋がっているので内臓無線が怪しい?
・他のソフトウェアとの間でトラブっていないか?
・モバイル端末のメーカー「DELL」固有の問題?

こう考えると検索ワードが「windows10 l2tp vpn 接続できない」から「windows10 dell vpn 接続できない」に変化し、検索結果も変わってきます。
そして長い戦いについに終止符を打ってくれたサイトがこちら!

Windows10でVPNが接続できない場合


ありがとうござますm(_ _)m

私のDELLにインストールされていた「Killer Performance Driver Suite」。プリインストールなのかな、監視系のアプリケーションっぽいけど、犯人はこれでした!

アプリと機能で「killer」と入力すると、いました!

コルタナさんの検索窓にも入力すると、いました!

この正体不明なアプリを立ち上げ、参考にさせて頂いたサイトの通り「Advanced Stream Detect」をオフにしたら、一瞬で接続完了に\( ‘ω’)/

今までの苦労は一体何だったのか(^_^;
このKillerはDELLのKillerチップ?を制御するためのアプリケーションっぽいのですが、今回はなんとも迷惑なお話です。

まとめ

検索で出てくる一般的な施策で解決できない時は、固有の問題を疑おう!
って事で最初は「windows10 vpn l2tp 接続できない」の検索結果に囚われていたけど、もっと早く固有の問題(DELL Killer)に気付くために置かれている状況を整理すれば良かったのかな(^_^)